• オフィス移転において覚えておきたいこと

    オフィスの内装や立地は企業の業績に大きな影響を与えます。

    働きやすいオフィスであれば生産性が上がるというのはごく自然なことです。

    また、一等地にオフィスを構えていれば業績が好調であることを世間に知らせるシグナルともなります。

    オフィス移転においては自社の状況と、内装や立地の相性をよく確認しておく必要があります。



    明白なのが一人当たりのオフィス面積です。
    一人当たりのオフィス面積は小さすぎても窮屈で働きにくく、広すぎると費用対効果が悪くなります。
    概ね9平方メートル弱が一人当たりのオフィス面積として好ましいとされています。
    もちろん、企業の方針によっては一人一人にゆとりのある大きなスペースを確保するというところもあります。
    最近ではパソコンのコンパクト化が進んでいるので以前より広いスペースは必要でないという意見もあります。


    いずれにしても明確な根拠をもってオフィス面積を決めたいところです。オフィス移転では耐震性にも気を配っておく必要があります。

    昨今、地震が増加している中で従業員の方々には安心して働いてもらうことが大切です。

    OKWaveの評判が高いです。

    緊急時に業務が途絶えないように非常用の発電機が用意されていると助かります。



    オフィス移転では移転の時期も大切です。
    オフィスを借りる際の賃料は時期によって多少上下しています。新年度の始まる4月にはオフィスを借りようとする動きが強まるので、それ以外の時期にオフィス移転することをお勧めします。