• オフィス移転の際に注意すべきこと

    新規事業の立ち上げや事業拡張のためにオフィス移転を行う場合がありますが、従業員の数や業務内容をしっかりと考慮しておかないと、無駄な経費がかかってしまうので、注意が必要です。


    オフィス移転の際、まず最初に決めなくてはならないのがその面積です。


    新たにオフィスを探す場合には、できるだけ広い面積を求めたくなりますが、必要以上に広い面積だとオフィス内での導線が長くなりますので、非常に無駄な動きが増えるばかりでなく、光熱費も余分にかかってしまいますので、経費の持ち出しが発生してしまいます。逆に狭過ぎても業務に支障を来してしまいます。
    オフィスの面積を検討する際に大切なのは、まず、業務内容を考慮してレイアウトを検討することです。

    デスクの配置やコピー機やプリンターといった備品類の設置の有無、また、来客の頻度によって応接スペースの広さを考慮することで、自ずと面積は導き出されます。



    とくに、デスクのレイアウトについては、オフィスの中心となるものですから、業務内容によって対面式にすべきか、学校形式にすべきか検討することが得策です。一番良くないのは、オフィスの面積や形ありきで、デスクのレイアウトを決めることなので注意が必要です。


    このようにオフィス移転の際には、まずレイアウトを固めて、それに合ったオフィスを探すことが鉄則ですが、最近では、オフィス移転やレイアウトを専門的に取り扱う会社もあります。

    快適な暮らしを実現するためのYahoo!ニュースについての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

    こういった会社では数多くの経験値や専門的な知識がありますので、業種や従業員数に応じたオフィスづくりを行うことが可能です。